2006年02月25日

花粉症と睡眠 その4

 花粉症の原因は、スギ花粉が最も多く2月〜4月がピークです。その他にも、ヒノキ、カヤガモ、ブタクサなども多くみられます。アトピー性皮膚炎を併発することも多いので、軽く考えていては後々困ったことに。花粉症などのアレルギー性の症状は、しっかり眠って免疫系に異常がでないようにすることが大切です。でも、花粉症による目のかゆみ、鼻づまりが快眠を阻害していることも確か。

 今回は花粉症でもぐっすり眠るための方法についてご紹介します。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

花粉症と睡眠 その3

 花粉症予防・対策の基本は「吸わない」「浴びない」「持ち込まない」こと。

 マスクやメガネ、帽子などは、外出時の花粉回避の基本アイテム。外出は、予報をチェックして花粉飛散の少ない日に、なるべく肌の露出を少なくして、花粉を吸い込んだり、皮膚に浴びないようにします。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

花粉症と睡眠 その2

 花粉症の予防的治療は、一般的なのが抗アレルギー薬の内服です。「アレルゲンを注射して体質そのものを改善する減感作療法は、1年前から行う必要があります。しかし、抗アレルギー薬は、アレルギー反応に関する細胞から放出されるヒスタミンなどの化学物質の働きを抑えるため、スギ花粉が飛散し始める2週間前から内服し、花粉症のシーズン中も服用すれば、重症になるのを予防できます」
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

花粉症と睡眠 その1

 「疲れがたまると抵抗力が弱まり、花粉症の症状が出やすくなります。疲れをためないためには、規則的に十分な睡眠をとることが大切です。」

 などとよく言います。でも、それができたら苦労しません。鼻が詰まっちゃって、鼻水が垂れて来ちゃって眠るどころではなくなってしまうのです。という話ですよね。花粉症の人の悩みは・・・
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

エネルギーを発散させ、スムーズな眠りへと導くためには

 エネルギーを発散させ、スムーズな眠りへと導くには、動のエクササイズからスタートし、徐々に静へと移行する方法があります。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

エネルギーの発散不足が不眠の原因に その2

 エネルギーがたまっている状態で、ベッドに入って静かにしていても、なかなか眠りにつくことはできません。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

エネルギーの発散不足が不眠の原因に その1

 眠れない原因は、いろいろありますが、余分なエネルギーが発散されずに残っていることが、不眠の原因になることがあります。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。