2006年10月27日

眠りはこころの治療薬

眠りと心の密接な関係
 日中何度も眠くなってしまう、夜なかなか眠れない、朝起きられずに大切な仕事や約束に遅刻してしまった・・・。睡眠にまつわる問題は、それ自体とても辛いことですね。睡眠不足で疲れているときには心もくたびれてしまいます。いらいらしてゆとりをなくし、人に会うことも億劫になりがちです。社会生活の上でも、遅刻や欠席、会議中の居眠り、事故、集中力低下などが生じることになります。このような失敗が続くと、責任を感じて落ち込み、さらに睡眠のリズムが乱れるという悪循環に陥ることも少なくありません。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 18:17| 東京 ☁| 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

あなたのふとんは赤信号!!

ふとんには、カビやダニの栄養がたっぷり!
 忙しい毎日を送っていると、ふとん干しなどの手入れが、つい後回しになってしまいがち。
 でも、気をつけて! 日ごろ使用しているふとんには、室内を漂うほこりやカビの胞子、ダニ・ダニのフン、花粉などのハウスダストが付着しています。これらはアレルギーを誘発し、気管支喘息やアトピー性皮膚炎を発症させたり、悪化させたりします。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 18:11| 東京 ☁| 快眠環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

熱帯夜でも、涼しく眠るコツ

都会の夜は暑くなっている!?
 寝苦しい熱帯夜。睡眠が充分とれないために疲労が回復されず、夏バテしてしまった方も多いのでは? ところで、熱帯夜とは、夜間の最低気温が25℃以上になる夜のこと。最近、都市部では、ヒートアイランド現象によって、熱帯夜が増加しているともいわれています。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 18:07| 東京 ☁| 夏バテと睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

疲れ目の原因は使いすぎ?病気のシグナル?

疲れ目を甘く見ないで
 本を読んだり、手先の細かい作業をしたり、パソコンのモニターを長時間見たりすると、目が疲れることはありませんか?  「よくあること」と、放っておくと、深刻なトラブルに発展する場合もあります。

 長時間目を使ったあとの疲れは、目のまわりの筋肉をマッサージしてリラックスさせたり、十分睡眠をとることで、解消できます。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 18:02| 東京 ☁| 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

睡眠時無呼吸症候群(SAS)その2

いびきや昼間の居眠りで診断
 SASは放置しておくと、心疾患や脳血管障害を起こしかねない、命に関わる病気です。疑いのある人は、早めに医師の診断を受けましょう。
 SASの受診・診断は、次のようにすすみます。
1.問診 2.基本的な検査(自宅検査) 3.確定診断(入院検査) 4.治療法の決定 5.治療(CPAPなど)
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 17:58| 東京 ☁| 睡眠時無呼吸症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

睡眠時無呼吸症候群(SAS)その1

SASが疑われるいびき
 「いびきがすごいね」といわれたことはありませんか?
 寝入りばなにかくいびき、あるいはお酒を飲んだときや疲れたときにかく、いわゆる習慣性のいびきは、医学的にあまり心配ないいびきだといわれます。
 しかし、あおむけに寝ると大きくなるいびき、強弱のあるいびき、朝までずっと続くいびき、いびきといびきの間で呼吸が止まっている場合は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)という病気の可能性があります。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 17:52| 東京 ☁| 睡眠時無呼吸症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

午後10時から午前3時は睡眠のゴールデンタイム

睡眠不足は仕事の作業能率を下げる
 ある調査による日本人の平均睡眠時間は7時間22分。これは、世界的にみても短い時間です。アメリカの実験によると、6時間睡眠を2週間続けた場合、作業能率は一晩徹夜したのと同じくらい低下することが明らかになっています。

 また、1日の睡眠時間が5時間を切ると、脳・心臓疾患の発症を高めるとされ、新しい労災認定基準では、残業時間が月に100時間、2〜6カ月で平均80時間以上の場合には、業務と脳・心臓疾患の関連性が高いと判断されることになっています。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 17:48| 東京 ☁| 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。