2006年10月11日

睡眠時無呼吸症候群(SAS)その2

いびきや昼間の居眠りで診断
 SASは放置しておくと、心疾患や脳血管障害を起こしかねない、命に関わる病気です。疑いのある人は、早めに医師の診断を受けましょう。
 SASの受診・診断は、次のようにすすみます。
1.問診 2.基本的な検査(自宅検査) 3.確定診断(入院検査) 4.治療法の決定 5.治療(CPAPなど)
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 17:58| 東京 ☁| 睡眠時無呼吸症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

睡眠時無呼吸症候群(SAS)その1

SASが疑われるいびき
 「いびきがすごいね」といわれたことはありませんか?
 寝入りばなにかくいびき、あるいはお酒を飲んだときや疲れたときにかく、いわゆる習慣性のいびきは、医学的にあまり心配ないいびきだといわれます。
 しかし、あおむけに寝ると大きくなるいびき、強弱のあるいびき、朝までずっと続くいびき、いびきといびきの間で呼吸が止まっている場合は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)という病気の可能性があります。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 17:52| 東京 ☁| 睡眠時無呼吸症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

普通の人の7倍も交通事故を起こしやすい=睡眠時無呼吸症候群

 睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome:SASと略記しサスと読む)は、この病気の新幹線の運転士が岡山で急停車事故を起こして有名になりました。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠時無呼吸症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。