2006年10月03日

午後10時から午前3時は睡眠のゴールデンタイム

睡眠不足は仕事の作業能率を下げる
 ある調査による日本人の平均睡眠時間は7時間22分。これは、世界的にみても短い時間です。アメリカの実験によると、6時間睡眠を2週間続けた場合、作業能率は一晩徹夜したのと同じくらい低下することが明らかになっています。

 また、1日の睡眠時間が5時間を切ると、脳・心臓疾患の発症を高めるとされ、新しい労災認定基準では、残業時間が月に100時間、2〜6カ月で平均80時間以上の場合には、業務と脳・心臓疾患の関連性が高いと判断されることになっています。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 17:48| 東京 ☁| 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

早寝早起きは三文の徳

 「早寝早起きは三文の徳」これも昔から生活教訓として言われてきた常用語です。健康になるための必須条件で、太陽の動きに合わせ生活のパターンを決めることが、最も人間が丈夫に生きられることを、短い言葉の中で言い表した生活の知恵です。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

眠りとは

 そもそも眠りとは、動物の生命を保つ上での大切の生理条件で、地球の自転のリズムに合わせ、太陽を中心とした生活のなかで、その物理環境を生命維持に組み込んだ習慣であります。活動と休息があって動物は生きてゆけますし、それがよく言われる体内時計とか生物時計と称される生活リズムです。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

春眠暁を覚えず

 中高校生時代、漢文の授業で習った「漢詩」の一章説の印象が強烈で、春と眠りというと今でも自然に口をついて出るほどはっきりと記憶している詩があります。
春眠不覚暁
処々聞啼鳥
夜来風雨声
花落知多少
春眠暁を覚えず 春の眠りはいつ夜が明けたかわからないほどよく眠った。
処々啼鳥を聞く あちこちで鳥のさえずる声が聞こえています
夜来風雨の声  昨夜遅くまで雨風が強かったので
花落ちる事知る多少 花がどのくらい散ってしまったかはわかりません。
孟浩然(もうこううねん)の「春暁」という詩です。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

睡眠のメカニズム

 人や動物にとっては食べることが生命維持のための最も基本的な行動ですが、その次にくるものは「眠り」といえます。睡眠をとらずに生きることは不可能であり、十分な睡眠をとることは心身の健康を保つうえで極めて重要です。
 睡眠がどのような現象であるのかを定義することは容易ではありません。またなぜ眠る必要があるのか、何時間眠ればよいのか、といった質問に対して現在でも十分な答えはないのです。
 しかし、睡眠に関する研究は最近非常に進み、いろいろなことがわかってきました。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

正しい睡眠時間?その2

 睡眠時間については、それぞれの人によって違ってきます。沢山の人について調べるとおよそ6〜9時間くらいが成人の睡眠時間の目安となることはわかっていますが、各個人がどのくらい眠れれば健康なのかを判断するような指針はまだないのです。

 例えば、健康・体力づくり事業財団の調査では、6〜7時間の睡眠がとれていれば、多くの人では睡眠が充足していると感じていることがわかります。すなわち、成人の場合、個人差はあるものの7時間弱の睡眠時間が睡眠充足の目安になり、6時間を割ると多くの人が睡眠不足を感じているといえましょう。これは、よく信じられている8時間睡眠が必ずしも成人の睡眠時間の基準として合っていないことを示しています。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

夏の睡眠と空気に関するアンケート調査

 ダイキン工業株式会社では、寝苦しい季節を迎える時期に、今、女性、特に主婦の方々が睡眠についてどのように考え、よりよい睡眠環境を得るためには空調を含め、どのような方法を試みているかを調査する「夏の睡眠と空気に関するアンケート調査」を実施しました。今回の調査では、睡眠環境における室内の空調(空気)の重要性について調査するために、500名の主婦(平均年齢45.3歳)を対象に、アンケート調査を実施しました。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

正しい睡眠時間?

 人間にとって必要な睡眠時間は、年齢によって変化します。乳幼児は1日に10時間も眠りますが、年をとるとともに睡眠時間は短くなり、成人だと7〜8時間ほど、高齢になると6時間以下になってきます。
 また、睡眠時間には個人差もあります。いちがいに○○時間眠れば良い、ということは言えません。睡眠時間が6時間以内でちょうどよい人を“ショートスリーパー(短眠者)”といいます。睡眠時間が9時間以上でなければスッキリしない人を“ロングスリーパー(長眠者)”といいます。これはどちらが良いというものではありません。睡眠時間は体質などによるもので、「正しい睡眠時間」というものはないのです。ショートスリーパーの人は、ノンレム睡眠が長いといわれています。ロングスリーパーの人は、レム睡眠の割合が長いといわれています。
 季節によっても睡眠時間が違うといわれています。夏は短く、冬は長いそうです。7〜8月では睡眠が短くなり、11〜12月では睡眠が長くなるそうです。
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

季節と睡眠時間 その2

 体内時計の働きによる一日の眠気の変化とは別に、睡眠は季節によっても変化しています。
 動物の中には、熊など冬眠するものがいます。冬眠する動物は秋から冬眠の準備を始めます。これは、寒くなったからではなく、日が短くなってきたことを体内時計が感じているのです。
 もちろん人間は、冬眠はしません。でも、同じように体内時計の働きにより、日の長さに応じて睡眠の状態が変化しています。これに関して、四季別にご説明しましょう。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

季節と睡眠時間 その1

 1年の中で最も睡眠時間が長くなるのが冬。春になると徐々に短くなっていきます。特に高緯度地方で冬に日照時間が少なく寒い地方では、10月から2月まで睡眠時間が長くなり、気分が落ち込み、体重も増加するといわれています。

 冬は寒さが刺激となり、筋肉の緊張が増したり、皮膚表面の血流量が低下し、睡眠中の深部体温が下がりにくくなります。このような状態では熟眠感が得られないことが多く、寝起きが悪くなりがちです。そのため自然と睡眠時間も長くなるのです。

 春は活動に適した季節であり、冬に比べ熟睡できるようになるため睡眠時間は短くなります。また、寒さから開放されると筋肉の緊張と同時に精神的な緊張も緩み、気持ち良く眠れるようになってゆくのです。
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

夜は、照明を暗くし、メラトニンの分泌を促す

 日中、せっかく太陽の光を浴びて体内時計を整えても、夜間、光を浴びてしまうと、メラトニンの分泌が抑制されるだけでなく、体内時計も後退し、眠りにくくなってしまいます。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

眠りホルモン『メラトニン』の生成を促すため、午後にも日光浴

 睡眠時には、美肌に不可欠な成長ホルモンやメラトニンといった貴重なホルモンが分泌されますが、メラトニンは、抗酸化作用や免疫機能を高めるだけでなく、眠りを誘うホルモンとも呼ばれ、睡眠を促す働きがあるといわれています。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

朝は太陽の光で覚醒させ、体内時計をリセットする

 睡眠のリズムを決めている体内時計は、光による刺激に影響されるので、快適な睡眠のリズムは、太陽の動きに合わせて体内時計を調整することから生まれます。

 反対に人工的な光(照明)による「夜明るい環境」は、体内時計を狂わせます。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

太陽の光でリセット

 サーカディアンリズムが25時間だとすると、1日24時間とのズレは?と不思議になってしまいます。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 07:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

体内時計の不思議

 光や騒音の届かない地下に住居をつくり、被験者を1〜2週間自由に生活させるという実験を行ったところ、人には約25時間(個人差があり、24±5時間)周期で睡眠と覚醒を規則正しく繰り返すというリズムがあることが判明したそうです。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 06:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

レム睡眠とノンレム睡眠 その3

 レム睡眠とノンレム睡眠は、人が夜ベッドに入り、朝目覚めるまでに約90分〜100分(個人差によって70分〜110分)のサイクルで交互に、かつ規則的に繰り返していることが分かっています。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

レム睡眠とノンレム睡眠 その2

 深いノンレム睡眠は、大脳が発達した鳥類や哺乳類などの高等動物にだけ見られるため、進化した眠りといわれることがあります。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 06:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

レム睡眠とノンレム睡眠

 レム睡眠のレムの意味?

 レム睡眠のレム(REM)とは、眠っている時、閉じたまぶたの下で眼球が急速に動くこと=Rapid Eye Movementの略です。寝ている時に、目がパパッと動いている状態がレム睡眠。体は活動を休止しているのに、脳は浅い睡眠状態で、夢を見ていることが多いようです。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

良い眠りとは?その2

 「すぐ眠れる」「ぐっすり眠れる」「すっきり目覚めることができる」良い眠り。

 目覚めは、夜明けが近づくにつれ、覚醒度が一気に上がり、シャキッと目覚め、気分良く活動できるというのが理想的。日中は、午後をまわった頃、軽い眠気が起きますが、午後4時〜6時頃、再び活動的になります。(短い昼寝の効用はココです)
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 08:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

良い眠りとは?

 ぐっすり眠りたいとよく言いますが、「ぐっすり眠る」「快眠」「良い眠り」とは一体、何なのでしょう。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 09:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。