2006年10月27日

眠りはこころの治療薬

眠りと心の密接な関係
 日中何度も眠くなってしまう、夜なかなか眠れない、朝起きられずに大切な仕事や約束に遅刻してしまった・・・。睡眠にまつわる問題は、それ自体とても辛いことですね。睡眠不足で疲れているときには心もくたびれてしまいます。いらいらしてゆとりをなくし、人に会うことも億劫になりがちです。社会生活の上でも、遅刻や欠席、会議中の居眠り、事故、集中力低下などが生じることになります。このような失敗が続くと、責任を感じて落ち込み、さらに睡眠のリズムが乱れるという悪循環に陥ることも少なくありません。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 18:17| 東京 ☁| 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

熱帯夜でも、涼しく眠るコツ

 寝苦しい熱帯夜。睡眠が充分とれないために疲労が回復されず、夏バテしてしまった方も多いのでは? ところで、熱帯夜とは、夜間の最低気温が25℃以上になる夜のこと。最近、都市部では、ヒートアイランド現象によって、熱帯夜が増加しているともいわれています。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

睡眠とタバコ

 タバコの煙に含まれる成分にはニコチン、一酸化炭素、タール、ベンツピレンなどがありますが、発ガンとの関連で注目されているのは後者です。このうち睡眠に影響を及ぼすのはニコチンです。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

睡眠とコーヒー・紅茶・緑茶・コーラ・健康飲料・ココア・チョコレート

 食事のあとや仕事の合間のコーヒー・紅茶・緑茶などは心身をリラックスさせてくれるとともに集中力を増してくれます。広く知られている通り、これらの飲料にはカフェインが含まれ、これが覚醒作用をもたらしています。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

睡眠とアルコール

 古来「酒は百薬の長」といわれ、適度なアルコールは、心身のストレスの解消や人間関係を深めたり、ナイトキャップ(少量のアルコール飲料を就床前にのむ習慣)として睡眠導入にも役立っています。

 しかし、睡眠のためにアルコールを使う場合の大きな欠点は、睡眠薬以上になれを生じやすいことです。一定の効果を得るために必要な量がだんだんと増えて、次第に適量を超えて飲まないと眠りにつけなくなる場合があります。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

睡眠と入浴

 適切な温度の入浴が睡眠に与える効果としては、次のことが考えられます。
@温熱効果―皮膚の血管が拡張し、血行促進(体温への影響)
A水浴効果―筋肉のリラックス、首や腰への負担が軽減する
B心理的効果―心身の緊張緩和、汗や汚れによる不快感をとり除く
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

睡眠と運動

 一般に、昼間に運動をすると夜に良く眠れるといわれています。たしかに普段から運動をしている人が、運動をすると夜間の睡眠が促進されますが、普段運動をしていない人が急に運動をすると、筋肉や関節の疲れや痛み、自律神経の興奮などが夜まで持ち越され、かえって睡眠が障害されてしまうことが分かっています。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

睡眠と食事

 現代人の多忙な生活においては、朝食をゆっくりとる時間的余裕がなく夕食に比重をおいた食生活が多いのが実態です。しかし、朝昼晩の食事の比重にも気をつけたいものです。1日が始まる朝、しっかり食べて栄養を摂取すると、脳へのエネルギー補給となり、体温を高め、眠気を飛ばし、活動レベルを高めます。また、朝の目覚めをよくするためには、朝に光を浴びることに加えて、朝食をしっかりとることが役立ちます。これは昼夜の活動・休止のメリハリをつけるのにも役立ちます。こうした心身機能の昼夜のメリハリがつかないと、日中にはだるく、夜の睡眠が浅くなるなどの睡眠障害が起こりやすくなります。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

一年で最も睡眠時間が長い季節 冬

 睡眠時間は日照時間との関係が深く、日照時間が短く夜が長い冬の睡眠時間は、一年で最も長くなります。脳の奥には日の長さを感じる仕組みがあって、睡眠は光を同調因子とする概日リズムと年周期リズムの影響を受けるからです。

 冬は睡眠時間が長くなりますが、眠りの質はよい状態とはいえません。寒いと皮膚表面の血管が収縮し体温を外部に放出できなくなり、深部体温を十分に下げることができないからです。また、冬は体液循環も変化して、夜間のお手洗いも増える傾向があります。そのため浅い睡眠や中途覚醒が増え、熟睡感が得にくくなります。眠る前には寝室を十分に暖めておき、夜間にできるだけ寝室から熱が逃げないように、厚手のカーテンをかけるなどして防寒に努めましょう。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

冬の熟睡法

 冬になると、クマのように冬眠する動物がいますが、私たちの眠りも、季節や気温の変化によって変化するといわれています。複数の研究者が行った調査では、日本人の睡眠時間は春から夏には短くなり、秋から冬には長くなるという結果が出たそうです。これは、冬がぐっすり良く眠れる良い季節ということではなく、寝付きにくくなったり、熟睡しにくくなるため、自然に睡眠時間が長くなってしまうという結果を示しています。よく、夏は暑くて寝苦しいとよく言いますが、冬も夏以上に熟睡できなくなる季節なのです。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

目覚めるためには自律神経の切り替えが必要

 寝ているときの自律神経:副交感神経が優位、起きているときの自律神経:交感神経が優位。この二つに事実を忘れてはいけません。
 目覚めるためには自律神経の切り替えが必要なのですが、自律神経は、光からの刺激によって切り替えることができます。
 動物の場合、外界からの光刺激が松果体という、動物の体内時計に関係する場所に伝わると、次に自律神経の中枢である視床下部に働きかけ、自律神経の状態を副交感神経優位から交感神経優位に切り替えます。寝ている状態から、起きている状態の自律神経に切り替わるというわけです。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

手足が冷えて眠れないとき

 寒い季節、「手足が冷えて眠れない」という経験のある女性が多いのでは。そもそも人は一日のうちに1度くらい体温の高低差があります。体温の上昇期は活動的な時間帯で、夕方6時ごろに一番高くなります。その後体温を下げながら眠る準備をはじめます。明け方の4時ごろが一番低くなり、少しずつ体温を上げながら起きる準備をはじめます。

 睡眠という休息期に向けて深部体温(体の芯の体温)を下げるには、手足から熱を外に逃がすのが効率が良いのですが、手足が冷たいと放熱をしたくてもできない、つまり眠りたいのに眠れないということになってしまうのです。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

牛乳と睡眠

 寝る前に子どもにミルクを飲ませる。そんな習慣を持っているお母さん、いらっしゃるのではないでしょうか。子どもの時の習慣で大人になった今でも寝る前にホットミルク!という人も?

 果たして睡眠に与える効果はどうでしょう?
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

手足が冷えると眠れないわけは

 手足が冷えたままベッドに入って、さらに冷たい布団に熱を奪われ、冷え切った手足に熱が戻らない。辛いですよね。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 10:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

気軽に薬草風呂!

 風呂に入ると言うことは、日本人にとって身体を清潔に保つためだけではなく、入浴を楽しみストレス解消や健康維持するための行動と言えます。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

音と睡眠

 上の階の足音、窓の外の騒音、冷蔵庫の音。寝つけないときは、ちょっとした音にも敏感になってしまうものです。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 08:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

香りでリラックス

 「いい香りでリラックスできる」と、男女を問わず人気なのが、アロマテラピーです。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 11:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

眠りとアロマとホットタオル

 パソコンモニターに書類の山。目の疲労は絶えません。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

眠りと腹式呼吸

 睡眠は自律神経と深く関わっています。

 自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つのバランスが眠りの質に影響します。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

お風呂と睡眠

 寝る前にお風呂に入って暖まる!あ〜幸せ!を感じる瞬間です。

 お風呂に入ってからだを温めると、汗が出て体内の熱を放出します。その結果、体温が下がり、寝つきがよくなります。
続きを読む
posted by 夢は熟睡 at 09:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。